TOP > 最近のニュースと話題 > 投資関連 > 本格的に資産運用するなら。

最近のニュースと話題

本格的に資産運用するなら。

一覧へ戻る


資産運用で悩んでますか?

1億円以上の金融資産を保有しているのなら、資産運用は大きな悩みではないでしょうか。

プライベート・バンク等の担当者に勧められた商品を購入して、うまく行けば良いのですが、そうで無かったりすると(ほとんど場合がそうですが。)特に、この悩みが大きくなるのではないでしょうか。みなさんももしかすると、そう感じているのではないでしょうか。

初動で間違えているかもしれませんね。

これからまとまった資金の運用を考えていて、色々と検討しているとすれば、何処でどんな風に運用するか、という点が最も重要です。

もっとも、世界中の数多くのファンド・マネージャーより数段頭が良くて優秀かつ人と違う情報が入手できて、ほぼ全ての時間を投資分析に使えて、いつでも市場で株や債券を売買できる環境にある、と言うのであれば何処で何を選んでもあまり関係なく、成功できるかもしれません。

ただ大部分の人は、そんな特異な能力や、優れた環境にいるわけではないはずですから、やはり富裕層や資産家専門で運用をする会社などに任せるのが一番良いのです。

やはり運用期間の長さは重要です。

投資信託やファンドも同様ですが、やはり運用期間の長さは非常に重要です。投資というのは、確率と戦うゲームですから、もしまぐれで大きく儲かったとすれば、次は同じぐらい損する可能性も高いのです。だから運用期間が長い方が信頼できます。

そして2000年後半に起きた金融危機以前から、運用をしている事が重要です。この金融危機で多くの投資信託やファンドが消えて行ったり、死に体に陥っています。これ以降にできた投資信託やファンドはあまり投資環境的には強いストレスが無い期間だけを運用しているので、その実績は必ずしも実力が反映されているものではないかもしれません。

特に「代替投資」と言われるもので、統一された市場が無く、流動性のない投資対象には要注意でしょう。相対取引だけ、というのも要注意です。なのでこういった投資は、最悪の場合、無くなっても良い位の金額に抑えるべきでしょう。

ここでは参考までに、非常に魅力的な実績を持つ運用会社のデータを添付しておきます。流動性も高く、運用期間も20年以上は経過しています。基本的には上場株式で運用をしているのでみなさんがとるのは「マーケット・リスク」・だけ・という事になります。

是非、参考にしてください。

皆様からのお問合せも歓迎いたします。現在、海外にある資金についての相談は30分間無料で受け付けています。

(注)これらの文章はあくまでも情報提供を目的としており、金融商品の売買やその勧誘を目的にはしておりませんのでご留意ください。

一覧へ戻る

コンサルティング・依頼、申し込み
私たちの考え方
お問い合わせ

このページのトップへ