| J.K. Wilton & Company
TOP > 最近のニュースと話題 > 投資関連 > 「Denali(デナリ)で本格的資産運用が可能なわけ。」

最近のニュースと話題

「Denali(デナリ)で本格的資産運用が可能なわけ。」

一覧へ戻る


「アメリカでは『テクノロジー』により、このDenali(デナリ)が富裕層に普及しました。」

スイスのプライベート・バンクではお任せ運用は日本円で最低でも5億円以上預けないと、個別銘柄のお任せ運用はやらなくなっている、と説明しました。

ではなぜ、アメリカのDenali(デナリ)では1,000万円でも可能なのか?

technology

その理由は、やはり「テクノロジー」です。

アメリカのDenali(デナリ)では、数多くある顧客のお任せ運用口座において、運用会社が一つの指示を出すだけで、同じ比率で個別銘柄の自動売買を瞬時に反映させる事が可能なシ ステムが導入されているからなのです。

例えば、運用会社が「アップルを2.5%買い」と注文を出せば、その運用会社とお任せ運用契約をしているすべての顧客口座において、自動的に資産の2.5%分のアップル株が買い付けら れるという、非常に画期的なシステムが導入されているからなのです。

「本格的運用は個別銘柄です。」

ご存知の通り、スイスのプライベート・バンクではこういったシステムが無いため、お任せ運用の口座が増えて、機敏に対応できなくなっているのです。

だから、スイスのプライベート・バンクでは売買時間には、比較的制限のない「ファンド・ラップ」でのお任せ運用が中心となり、個別銘柄によるお任せ運用は金額を上げざるを得な い、という実情があるのです。

また一つのスイスのプライベート・バンクの中では、選択できる運用会社や運用スタイルは限定されており、多くても10本程度、少なければ3本程度、と選択肢もかなり少なくなってい ます。

「Denali(デナリ)では1,000社を超える運用会社の中からチョイス可能。」

company

既に説明しましたが、Denali(デナリ)では、1,000社を超すあらゆる運用スタイルをとる運用会社の中から、複数選んで運用を委託することが可能となっています。

金額も最低10万㌦ですが、25万㌦、50万㌦などとハードルの高い運用会社も多く存在しているため、このサービスはアメリカの富裕層に普及しています。

問い合わせ 申し込み

(注)これらの文章はあくまでも情報提供を目的としており、金融商品の売買やその勧誘を目的にはしておりませんのでご留意くださ い。

一覧へ戻る

コンサルティング・依頼、申し込み
私たちの考え方
お問い合わせ

このページのトップへ