TOP > 最近のニュースと話題 > プライベート・バンキング > 「アメリカのプライベートバンクで運用を始める最後の機会?」

最近のニュースと話題

「アメリカのプライベートバンクで運用を始める最後の機会?」

一覧へ戻る

アメリカのプライベートバンクで運用を始める最後の機会?

世界的な規模で拡大する新型肺炎」

さて、現在日本を含めて世界規模で新型肺炎の脅威が拡大し、その懸念から世界の金融市場がパニック状態に陥っていることは周知と思います。

Corona

インフルエンザの方が脅威であるという声も聞こえてきますが、症例が圧倒的に多いインフルエンザと比較をして、コロナウイルスは症例がまだそれほどは多く無く未知の部分も多いため、その不安を更に拡大させているといえます。

金融市場では上昇幅も下落幅もかつてない程激しい値動きを呈しています。

今後もこの不安を増幅する様な悪材料や、不安を打ち消すような好材料により世界の金融市場は乱高下する状況が続く事でしょう。

「世界的な金融危機でアメリカ以外が先に危機に陥る。」

euro

もし、今まで高い水準で推移していた世界の株式市場での運用することに不安を感じ、まだスタートをして無かったとしたら、この調整局面は正に絶好の機会と言えます。

仮にこの新型肺炎の問題が長引く事になると、体力の乏しい国や会社等から問題が噴出していくことになります。アメリカの株式市場は大きく下がりましたが、アメリカは基本的には何とか凌げることでしょう。しかし問題は欧州、新興国などトラブルを抱えていたり財政的な体力の乏しい国々です。今後様々な問題が露呈する事になるでしょう。

そしてその中には巨額の財政赤字がある日本も含まれているかもしれません。

ですから資産の安全を確保する意味でも、アメリカのプライベート・バンクに口座を開く事がまずは賢明な選択となるのです。(因みにそれ以外の国では基本的にはダメなのです。)

「『最後』の円高局面にもなりかねない今回の新型肺炎ショックを逃すな。

Japan

今アメリカが日本を含めたドイツや中国その他の輸出国からの一方的な輸出に対してその改善を求めているのは周知と思います。

もし仮に日本からの輸出額が減少していくとすれば当然円はどんどん安くなっていくことになり今後は120円を突破する円安になる可能性もあると考えられます。そうなると米ドルでの投資や運用はかなり難しなってきます。

なぜなら今よりもかなり割高な値段でドルを買わなければならなくなるからです。

幸い、まだ世界中の投資資金が株式などのリスク資産から資金を引き揚げるリスクオフの局面では、低金利で調達した円を買い戻す傾向があるので、円高が進むという現象がまだ続いていますが、いつまでもこの状態が続く保証はなく、今後円安が定着する可能性も高いと思われます。

だから今回の円高局面で手持ちの円の大部分をドル転をするのです。今回の危機が過ぎ去ると次の円高がいつになるか想像もでき無いことを肝に銘ずるべきです。

japan

とかくアメリカ株の下落に目が行き過ぎてアメリカの心配をしがちですが、実際にはアメリカよりも体力のない順番でその国の資産や金融機関がリスクにさらされていくことになります。特にユーロ圏は以前ほど盤石ではないので気を付ける必要があるでしょう。イギリスはそのリスクを避けるためにEUから離脱したのです。

だからこそ資産大部分を米ドルに替えて、現在世界で最も安全なアメリカのプライベート・バンクに口座を開設し、最も安全なアメリカの資産(株、債券)に投資をするのがベストな選択なのです。

一覧へ戻る

コンサルティング・依頼、申し込み
私たちの考え方
お問い合わせ

このページのトップへ