TOP > 最近のニュースと話題 > エステート・プランニング > 当サイト主催の遠坂淳一による 幻冬舎ゴールドオンライン連載第二回を更新!

最近のニュースと話題

当サイト主催の遠坂淳一による 幻冬舎ゴールドオンライン連載第二回を更新!

一覧へ戻る

[連載:国境を越えた人生設計の必要性]
第二回:当局から届いた「お尋ね」…海外プライベートバンクに口座保有の富裕層が青ざめた事情

早くも梅雨明けが宣言され、夏本番に突入しようとしています。

皆様は、いかがお過ごしでしょうか。前回ご案内させていただいた当サイト主催遠坂淳一の連載シリーズ「国境を越えた人生設計の必要性 マネーは眠らない:海外プライベートバンク活用術」の第二回が、幻冬舎ゴールドオンラインに掲載されました。

GOO-2

今回は、「当局から届いた「お尋ね」…海外プライベートバンクに口座保有の富裕層が青ざめた事情」と題して、2001年米国同時多発テロ以降、テロリストの資金源の特定に乗り出した米国が世界主要国に情報開示圧力をかけはじめ、スイスをはじめとする秘匿性の高いプライベートバンキングが大きく変容していった実情を紹介しています。

また、この同時多発テロ後の変容にみられるように、社会的にインパクトの強い事件や天災が資産管理にも大きな影響を及ぼす現実を踏まえて、現在日本を取り巻くリスクについて地政学的観点から整理し、国内だけに資産を保有する手法に一石を投じています。

今年2月のウクライナ侵攻に端を発し、世界的なインフレや原油危機に見舞われる中、日本では安部元首相が衝撃的な死を遂げ、日本近海では露軍・中軍の軍事行動が急激に増えています。混迷の時代への突入を誰もが予感する今、改めて「資産管理」と「国内リスク」について慎重かつ丁寧に考える必要があると思います。本記事が、皆様が今後を考えるうえでの一助になれば幸いです。

問い合わせ 申し込み

(注)これらの文章はあくまでも情報提供を目的としており、金融商品の売買やそ の勧誘を目的にはしておりませんのでご留意ください。

一覧へ戻る

コンサルティング・依頼、申し込み
私たちの考え方
お問い合わせ

このページのトップへ