TOP > 最近のニュースと話題 > 投資関連 > 米株アクティブ運用トップ・エリート降臨。

最近のニュースと話題

米株アクティブ運用トップ・エリート降臨。

一覧へ戻る

アクティブ運用のトップ・エリートが過去10年間での実績10.55%(年率)を叩き出す!

過去10年間で年率10.55%の収益を上げるという事は、10万ドルを預けると10年後には約27万3000千ドルになるという事、ですが信じられますか?更には、これより成績の良いファンド・マネージャーも複数人います。

同様にこれらのファンド・マネージャーは、ベンチマークであるS&P500を大きく超過しています。このマネージャーは基本的には様々な規模のアメリカ株に投資をしますが、まさにアクティブ運用界の「トップ・エリート」です。

なかなか、お目にかかれない話ですが今回は特別な情報です。

運用実績

アクティブ運用界のトップ・エリートはベンチマークとパッシブ運用を大きく凌ぎます。

最近日本でもアクティブ運用はコストに見合った成績を上げていない、とETFなどを活用したパッシブ運用により注目が集まる傾向にあります。

しかし、ちょっと待ってください。

このアメリカのトップ・エリートのマネージャーはベンチマークを上回っています。そして資産を10年間で2.7倍に増やしているのです。

だから、アクティブ運用の全てがパッシブ運用よりも劣っている、というのは間違った考えなんです。数は限られてますがトップのマネージャーは、明らかにパッシブ運用よりも良い成績を上げています。

富裕層、資産家には涎垂ものの運用情報です。『5名様』限定です。」

これは一例でしかないのですが、このファンド・マネージャーは10年間で年率約3.4%もベンチマークを上回っているんです。気を付けてほしいのは「年率3.4%」という点です。つまり10年間毎年3.4%ベンチマークを上回っている、ということなのです。

もしかするとこれが何か怪しい話ではないか?と訝しく感じているかもしれませんが、至極真っ当なお話であることをお伝えしておきます。

そして本来は既存顧客のみのサービスですが、今回は限定5名の方に限定して既存顧客以外の方に特別に提供させていただきます。

ちなみに、評価は米ドルで諸経費控除前です。初期コスト、維持コストがかかるので最低でも25万ドル程度は必要です。

この件についての相談は、連絡のつく電話番号とメール・アドレスを添えて「トップ・エリートの運用について」と直接弊社に連絡ください。税理士、公認会計士、弁護士、保険代理店等のビジネス・パートナーの皆様からのお問合せも歓迎いたします。現在、海外にある資金についての相談も含めて30分間無料で受け付けています。◇

(注)これらはあくまでも情報提供を目的としており、売買の勧誘を目的にはしておりませんのでご留意ください。

ぜひ皆さんも参考にしてください。

一覧へ戻る

コンサルティング・依頼、申し込み
私たちの考え方
お問い合わせ

このページのトップへ