TOP > 最近のニュースと話題 > 投資関連 > 米ドル資産運用するならアメリカで。

最近のニュースと話題

米ドル資産運用するならアメリカで。

一覧へ戻る


米ドル資産を運用するならアメリカです。

世界の基軸通貨は現状米ドルです。だからもし米ドルで運用をしたいのであればアメリカの運用者に任せるのが最適なのはわかると思います。

前回も書きましたが、今は市場の参加者も多くなり、たくさんのヘッジファンドやアルゴリズム・トレードによるマーケットへの参画で、一般の投資家が中々収益を上げることが難しくなっているのが実情です。

もし自らの運用に疲れてきた、または、最近はうまくいかなくなってきた、と感じ始めているならばアメリカでこの「一任勘定」を検討するべきです。

今富裕層や資産家に、特に注目されているサービスです。

 

アメリカ一任勘定手数料の話です。

一任勘定を受けるとするとそれに対して年間で残高に比例した手数料がかかります。

これはアメリカでは大体通常2%程度になります。これには売買手数料なども含まれており、今までの運用実績を鑑みれば問題のない水準です。

 

最後は過去運用実績の話です。

アメリカではこの一任勘定の各運用会社による過去の実績も全てオープンですので以下にはそのトップクラスの実績を記しておきます。ちなみに合計で600社以上あります。

運用実績

10万ドル投資すると10年後には23.5万ドル、20年後には58.5万ドルまで増加する実績を上げている運用会社もあります。

是非、参考にしてください。

皆様からのお問合せも歓迎いたします。現在、海外にある資金についての相談は30分間無料で受け付けています。

(注)これらの文章はあくまでも情報提供を目的としており、金融商品の売買やその勧誘を目的にはしておりませんのでご留意ください。

一覧へ戻る

コンサルティング・依頼、申し込み
私たちの考え方
お問い合わせ

このページのトップへ