TOP > 最近のニュースと話題 > 投資関連 > 海外積立投資は日本国内で

最近のニュースと話題

海外積立投資は日本国内で

一覧へ戻る

「それ時代遅れの海外積立投資です。」

offer

海外の業者を通して「海外積み立て投資」をやってますか?もし、やっていたとすると、それはもう時代遅れかもしれません。

なぜなら、日本国内で、安い手数料で、いつでも解約できる海外積み立て投資があるのです。

フレンズも、ハンザードも、スタンダード・ライフも、ロイヤル・ロンドンも、聞いたことの無い小さな会社も、手数料と流動性でとても太刀打ちできないレベルです。

「コストは500円から最大2500円。手数料0円も。」

offer

知るか知らざるか、海外積み立て投資の手数料はとんでもなく高額です。そして最初の2年間は解約できません。その間に解約したら1円も戻ってきません。

でも、このサービスは、口座に入っている残高を、毎日でも、何時でも、一部でも、全てでも、解約が可能です。しかも、月に何回でも、またボーナス時の買い付けの設定等も可能です。

更には、ドルと円どちらの通貨からでも積み立て可能ですから、クレジット・カード等で大きな為替手数料を支払う必要ありません。

為替手数料もわずか片道50銭です。

「目から鱗の積み立て投資とは。」

海外での積み立て投資は止めた方が賢明です。

今はもっと良いのがあるのです。

日本の金融機関も、まだまだ世界水準ではありませんが、最近は頑張っているみたいです。

これらのサービスは今、積み立て投資としては「一推しのベスト」と断言してしまいましょう。

offer

資産運用の『ロールス・ロイス』または『フェラーリ』を知っていますか?」

ここまでは必ずしも富裕層向けの話題ではありませんでしたが、ここからは一流の運用会社がテーラーメイドで運用する話です。こんなサービスがアメリカの富裕層では今大人気です。また株式市場の乱高下に左右されない運用手法も人気があります。

運用の世界の「ロールスロイス」、または、「フェラーリ」の世界で、特注の運用です。一回知ったらやめられない格別感。300万円のスーツを仕立ててもらうような感じです。運用職人が豊富なアメリカで、1,000以上の運用会社に運用のご指名が可能、というサービスです。

ファミリー・オフィス、年金、事業法人、富裕層などが顧客層です。運用会社によっては最低50万ドル以上になります。

今回、以下のリンクからその一般公開前の情報を特別に閲覧可能です。ただし、ログインとパスワードが必要です。

尚、運用最低残高は10万ドル(約1,000万円)からです。

多くの富裕層が実践している方法

この運用方法を閲覧したい場合には、以下のバナーをクリックし、お名前と連絡のつく電話番号、運用希望額を明記して返信してください。折り返しログインとパスワードを返送します。

問い合わせ 申し込み

(注)これらの文章はあくまでも情報提供を目的としており、金融商品の売買やその勧誘を目的にはしておりませんのでご留意ください。

一覧へ戻る

コンサルティング・依頼、申し込み
私たちの考え方
お問い合わせ

このページのトップへ